資格の取得

白いノートと鉛筆

日商簿記1級という資格は、難易度が高い資格ということで、一夜漬けで合格するのは困難だと言えます。しかし地道に学習を重ねることによって、十分に合格することは可能な資格です。そこで学習を行う場合の方法としては、独学や専門学校に通うという方法があり、仮に独学で挑戦するという場合には、まず基礎をしっかりと身に付けることが何より大切です。 ですから日商簿記1級を独学で学習し、資格を取得したいのであれば、まずは3級や2級といった下位の級を取得できるレベルに達していることが重要です。その上で日商簿記1級の資格を取得するため、書店で販売されている参考書での独学でも良いのですが、日商簿記1級の講座を開設している専門学校の教材での独学という方法は、長年の指導経験に基づいているため、学習し易くなっています。

日商簿記1級は非常に難易度の高い資格試験です。独学で日商簿記1級合格は、かなりハードルが高い目標でもあるでしょう。しかし不可能ではありません。実際に合格している人もたくさんいます。 日商簿記2級までは、参考書を読み漁り、まじめにコツコツ独学することでなんとかなります。しかし、日商簿記1級となると、なかなかそうはいきません。それは、暗記だけではない試験内容になるからです。 日商簿記1級の試験科目は、「商業簿記」「工業簿記」「会計学」「原価計算」の4種類です。これをいかに独学で効率よく学ぶかが勝負の分かれ道。たとえば音声を聞いて頭で理解し考えて学んだり、原価計算基準をネットでプリントアウトしてやってみるなどを、独学では試してみるのもよいかもしれません。